ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/05/31

五月晴れ

今日は、爽やかな陽気です。
今年は寒い日もあって、
すっきりとした五月晴れって、
少なかったので、
今日のような日は、貴重なのかもしれませんね。

そんな清々しいお天気の中、
ヒーリングを行っていました。

どうやら、今月は、
停滞期だったようで、
なんだかいろいろと不調だったので、
きちんと出来るのかと、
少し不安になったりもしていたのですが、
それは杞憂でした。

天(光の存在)にお任せして、
心を開いて臨めば、
とても素敵なあたたかい力が流れてきて、
あぁ、これでいいんだなぁ〜と、
感じることが出来ました。

あれこれ考えたりもするけれど、
とりあえず今は、
やれることを、ただひたすらやるだけやってみよう、
そう思えるひとときでした。

誰かに癒しを贈ると同時に、
こちらにもたくさんの癒しをいただけるヒーリングが、
私は大好きです。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。
いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/29

お菓子作りで瞑想

最初は雲が多かったのですが、
昨日は、綺麗なお月様が見えましたね。

お財布ふりふりした方や、
石たちと一緒に月の光を浴びた方もいらっしゃったのでしょうね。
私も、手放しワークしたからよろしく〜と、
お月様と、大天使ハニエルにお願いしました。

どうやら、
今は、《手放すこと》が必要な時期のようです。

ちょっとだけ(?)ぽっちゃり系の私は、
当然ながら食べることが大好きです。
そしてこれまた当然ながら、甘いものも大好きです。

最近は、エンゼルケーキをいろいろと試行錯誤中なのですが、
今日は私には定番のカステラを作りました。

このカステラは、卵を共立てで作るので、
泡立て時間が、結構掛かります。

この泡立てタイムに、
瞑想をする時があります。
よく行うのは、天使と一緒のクッキング瞑想ですが、
今日は、解放するための瞑想でした。

ほけ〜っと、手は泡立て器を支えながら、
心は、エンジェル瞑想へと進んでいくのは、
なかなか楽しいです。

心地よいなぁというところで瞑想を終えると、
大体、泡立てに必要な時間くらいになります。
今日は少しオーバーしましたが、
なかなかいい感じに泡立っていたのでヨシとします。

不必要なエネルギーを解放して、
それをクリアにしてから、
また自分のところに戻すという瞑想をしたら、
とてもすっきりとしてきました。

やっぱり、エンジェル瞑想は大好きだなぁと、実感しています。

カステラもいい感じに出来上がりました〜。
ありがとう、エンジェルたち!

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/28

今宵は満月

今日は、満月ですね。
この記事を書いているのは夕方なのですが、
ちょっと曇りがちなお天気のため、
まんまるお月様がみられないのかなぁ、
などと思っています。

先月の満月の時は、
手放しワークを行いました。

心の中のモヤモヤ〜としたものを、
手放してしまうという、
いたって簡単な方法です。

でも、簡単なことって、
実は一番難しかったりもするんですよね。

本当に簡単なことなのに、
何かが邪魔をしていて、
手放しきれなかったりします。

手放してしまえば、
な〜んだ、こんな簡単なことでいいんだと、
自分でもビックリするくらいの、
お手軽なことだったりして、
いろいろと難しくしているのは、
自分自身なんだなぁと、
あらためて確認できたりします。

難しいけど、簡単なこと。

自分の想い(決意)ひとつで、
世界は変わる。

本当に大切なものは、
とっても簡単なことの中に見つけられるんでしょうね。

素敵な満月に会えるといいな。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/27

オール・マイ・ラビング


やっぱり、このシリーズって大好きです。

東京バンドワゴンシリーズ最新刊、
小路幸也『オール・マイ・ラビング』です。

私って、ホームドラマが好きだったの?と、
自分のことなのに、
分かっていなかった一面に気づかされました。
どうも、自分のイメージって、
かなり男性的っていうか、
戦闘タイプ?というような、
冒険とロマンを求めるのが好きなのだよなぁと、
思っていたので、
どこかほのぼのとした、家族小説って、
柄じゃないよなぁと思いこんでいたのです。
面白いものですね。

さて、このお話ですが、
これまで同様、今は亡きサチおばあちゃんの上品で丁寧な語りで、
物語は進んでいきます。

たくさんの登場人物たちが出てきますが、
毎度お馴染みの面々なので、
出てくるだけで、
読む方も、ニヤニヤしてきます。
シリーズものの醍醐味ですね。

よろず屋のように、
いろんなトラブルを、
小気味よく解決していく時の、
なんともいえないあったかさ、
それが、大好きです。

小路さんは、
本当に、最近のお気に入りの作家さんで、
これまで読んだ本の中には、
根底に愛がたくさん流れている作品ばかりなので、
読んで心がホッとします。
ホロッとくる箇所もちゃんと用意してあって、
格好良すぎる人も、いろいろ出てきて、
本当に、ドラマとして見てみたくなります。

それにしても、
私は、勘一じいちゃんに似ている気がする……

自分の心にたくさん響いてくる本に出会えることが、
なによりも嬉しい、幸せなことだと、
実感中です。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/26

おみず

水が出ない……

お水が出ない時って、
本当に、いろいろと考えますよね。

以前、旅行先のペンションで、
朝方、お水が出ないというトラブルがありました。
あのときは、参ったなぁ。

水道って、
蛇口をひねれば(レバーを上げ下げのほうが、もはや一般的?)
当たり前のように、水が出てくるって、思っています。

その《当たり前》が、当たり前じゃなくなるとき、
本当に、当たり前の《恵み》に気づくんですよね。

最近はもう行かなくなっちゃのですが、
かつてはよくキャンプに出かけていました。
テントで眠っているとき、
ちょっとした物音で、
結構、びびったりしていました。
雨風にびくともしない家に住むってことは、
本当に安心感を与えてくれることなんだなと、
その時に思ったものです。

普段の暮らしをしていると、
いろんな便利さが当たり前になっていて、
そのありがたさをすっかり忘れてしまうんですよね。

蛇口から水が出ることにも、
強い風が吹いても飛ばされない家に住むことにも、
目を向けることなんて、ほとんどないのです。

不便な状況になったときに、気づくんですね。
暮らしの中で、
たくさんの《当たり前の恵み》を受けているんだと。

で、我が家の水が出ないのは、
マンションの貯水槽のトラブルのようです……
お水が出ないって、本当に不便です……
(追記:朝からの断水は夕方になって解除されました〜。
お水の出るありがたさ〜。)

今日もまたお読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/25

『HEARTBEAT』『HEARTBLUE』


またまた、小路幸也作品。
『HEARTBEAT』『HEARTBLUE』の2冊です。
題名と、表紙の雰囲気から、
きっとシリーズ作品なんだろうなと思って、
読んでみました。

一応、シリーズものと言う事は、
発行順に読んだ方が、
楽しめるので、
『HEARTBEAT』から先に読みました。

最後は切ないな。

小路作品は、
やっぱり、私にはお気に入りで、
根底に、《愛》がたくさん流れている。

これまで読んだ中では、
女同士のLOVEは出てこなかったけれど、
男女間、男性間の誰かを想う気持ちは、
じわじわ〜とあったかくしてくれる。

でもって、切なかったりする。

NYという場所も出てくるので、
なんとなく、『BANANA FISH』を連想したり。

なんだか、じわ〜と、感じているので、
感想などがあまり書けないのですが、
誰かを想って、
そのために行動することと、
誰かを想いながら、
また他の誰かのために行動することって、
ちょっと形は違うけれど、
きっと、人の行動の原動力となるんだろうなぁと、
思ってみたりします。

自分のためだけに行動するよりも、はるかに、
大きな力が出るものなんだなぁ。
当たり前だけど、
だからこそ、人は人たりうるのだろうな。

また、お気に入りの本、増えていきました。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/24

あかつき


金星探査機「あかつき」が、順調に飛んでいるようですね。
当初の、打ち上げが延期になったけれど、
三日後には無事に飛び立っていきましたね。

上の写真は、
以前、ここで書いていた金星へのメッセージキャンペーンに応募したら、
いただけたものです。
(左下のメッセージは加工処理しています。)

たくさんのメッセージと共に、
アルミプレートに印刷して下さって、
「あかつき」に取り付けられていたので、
その旅立ちを、楽しみにしていたんです。

今日は、もしかしたら見られないかもしれませんが、
ここの所、宵の明星も綺麗ですよね。

私は、文系出身なので、
金星の情報が書いてあるJAXAのページを見ても、
実は全然分かりません。
でも、難しい理論の発端って、
きっと、純粋な好奇心や夢だったりすると思うから、
その部分に共鳴するんでしょうね。

SF小説や映画、アニメなどで、
宇宙に対して、
とってもいろいろ空想(=妄想)しているので、
こういう話題は大好きです。
ただし、専門的なことは駄目ですが……

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/23

メンテナンス中

今日は1日、雨でしたね。

こういう時は、おうちでのんびりと読書と思っていたら、
終日、コンピュータのメンテナンス日となりました。

ちょっと不具合ってほどでもないけれど、
放っておくとそのうち面倒なことになりそうなソフト。
だんだん怪しいなぁという感じになることってありますね。

ちょうど時間もあることだし、
やる気にもなっているので、
こういう時に、まとめてメンテナンスをします。

見ないふりをして、
いつかいつかと思っていても、
ずっと知らんぷりをしているわけにもいかないことって、
コンピュータだけじゃなくて、
普段でもあるよなぁと思ってみたり。

というわけで〜
今日はこの辺で。

お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/21

笑いのおべんきょう

今日は、すっかり夏でしたね。

強い日差しの中、女性会館での公開講座に行ってきました。
「笑って健康!!ー上手なストレスマネージメント」という講座でした。

スピリチュアルな催しだと、
20代から40代くらいの女性が多いけれど、
この講座は公的な主催講座だったからだと思うのですが、
美輪様くらいの年齢の方が多かったです。
女の大先輩の方たちの、
幾つになっても学ぼうとされる姿勢は、
素敵ですね。

手話通訳や要約筆記のサポートのある講座に参加するのも、
初めてで、
サングラスを掛けた黒ずくめの女性たちを見て、
マトリックス?と思った私は、大馬鹿者です……

講座の内容は、
ストレスに関することや、
その大まかな対処法など、
カウンセリング手法に通じるお話や、
笑いが免疫に作用する実験結果などでした。
最後に、笑いのワークもありました。

先日、同じ会館で、笑いヨガも体験しましたが、
私の中で、
《笑い》が癒やしにつながっていくのだと、
あらためて感じるひとときとなりました。

笑いヨガでもお聞きしたし、
今日また、専門家の方からお聞きしましたが、
〈作り笑い〉でも、人の脳は笑っていると認識して、
免疫力を高めたり、リラックスしたりする事が出来るようです。

他に、印象に残っているのは、
講座が始まった直後に、講師の先生が、
「毎日笑っている人?」
「2、3日に一回くらい笑っている人?」
「一週間に一回くらい笑っている人?」
と質問されたことです。

私は、しょーもない妄想をしたりしながら、
へらへらとでも毎日笑っているので、
最初の質問で手を挙げましたが、
どうやら、
毎日笑っている人は一割程度だったそうです。

前のほうに座っていたのでよく分からなかったのですが、
お近くの60〜70代の方たちは、
それほど笑っていらっしゃらないんだなぁと、
思っていました。

どんなことでもいいから、
できるだけ、
たくさん笑ってみる。

それが免疫力も高めて健康でいられるなら、
笑うだけなら誰でも出来るし、おまけにタダだから、
試してみるのもいいことですよね。

ここのところ、
少し考えているアイデアがあって、
それのヒントを頂いたなぁと云う気がしています。

今日もまた、お読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/20

袖すり合うも多生の縁

動物病院からの帰り道のことです。

ドッグスリングに犬を入れて、
自転車で信号待ちをしていたら、
すぐ近くで、「抱っこしてもらっていいね~」と、
同じように自転車に乗った女性に声を掛けられました。

うちの犬の様子を見て、目のことにも気づかれたようでした。
「ほんと、子供と一緒だよね〜」
「私もそうだったよ」

ほんの僅かの時間の、
ちょっとした会話でした。

だけど、
その方が最後に仰った「私もそうだったよ」という言葉が、
心に響いてきたのです。

簡単な言葉です。
でも、その言葉の中に、
とても大きな《共感》を感じました。

誰かの身になって感じること。
それはとても素晴らしいことです。
癒やしに関わるものには特に大切な感覚です。

そして《肯定》も感じました。

そのまま認めてもらえること。
ありのままの自分を、
そのままでいいと、受け入れてもらうこと。

昨日の、紗悠さんにしていただいたカードリーディング中にも、
同じような《自己肯定》についての、
メッセージとアドバイスをいただいていました。

これは昨日からの続きなんですね。

今日お会いした方は、
一瞬のすれ違うだけの方だったけれども、
たしかに必要なメッセージを私に届けて、
去って行かれました。

お言葉からすると、
かつて子供同様に大切にしていらっしゃったワンちゃんが、
いたんだと思います。
その体験を僅かな言葉の中に込めて届けて下さいました。
本当に一瞬だったけれども、
とても教養ある心豊かな方なんだなと、
すこしの言葉を交わしただけなのに、
思ってみたりしています。

私たちはたくさんの生まれ変わりをしています。
過去世のどこかで、ご縁のあった方と、
現世で、一瞬だけお会いすることもあります。
そんな天界の粋な采配の出会いだったのかもしれませんね。

また、動物を介してお話をすると、
知らない方でも、
どこか素直に会話が出来たりします。
動物と向き合う時って、
人に対しては強面の人でも気むずかしい人でも、
純粋で素直な気持ちでいる場合が多いからなんでしょうね。
動物たちが贈ってくれている素敵な力の一つです。

ありがとう。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/19

カードリーディング体験

PMS(月経前症候群)っていうんですね。
あれって、本当にイヤになっちゃうときありますよね。

ここ数日、それが原因で、
気持ちが不安定でした。
『ONE PIECE』をご存じの方は分かると思うのですが、
スリラーパークのベローナちゃんに、
ネガティブホロウを食らったような感じでした。

かなりネガティブになっていたなぁ。

ただ、PMSも、
生理が来ると治まってしまうように、
なんてことはないことで、
ラクになったりするから、
面白いような、
でもちょっぴり腹立たしいような身体からのサインですね。

そんな状況打破というわけではありませんが、
ちょうどいいタイミングで、
素敵な体験をさせていただきました。

先日、お知り合いになったエンジェル仲間の方に、
スカイプでカードリーディングをしていただきました。
紗悠さんという、チャーミングな方です。

紗悠さんは、
トニー・カルミネ・サレルノさんの「天使と神と女神のオラクルカード」を、
使用されてリーディングを行っていらっしゃいます。

私は、ドリーン・バーチューさんのオラクルカードは、
体験しているのですが、
トニーさんのカードは全然知らなかったので、
とっても興味が湧いて、リーディングを依頼しました。

リーディングをお願いしたのは、
PMSだけではなくて、
ここのところ、いろいろと考えていることなどが、
頭の中をグルグルとしていたので、
それをよき方向に導いていく指針というようなものが、
得られる予感がしていたのです。

オラクルカードは、本当に、
不思議なパワーのある道具ですね。

「どうして分かるんだろうなぁ?」と、
自分でも多少は行っていることにも関わらず、
思っちゃうのがお恥ずかしいのですが……

さてさて、
紗悠さんにリーディングをしていただいて、
いろいろと今の自分の状況や、必要なメッセージを、
受け取ることが出来ました。

たくさんのメッセージは、
愛の光に満ちていて、
とてもあたたかい輝きでした。

自分の頭の中でグルグルと考えていて、
すっかり忘れてしまっていた、
大切な光の輝きを、
紗悠さんから受け取ることが出来て、
とっても楽しくて感動する時間を過ごせました。

ひとつひとつの言葉を大切にして、
素敵なリーディングをされる紗悠さんに出会えて、感謝です。
ブログなど準備をされていらっしゃるようなので、
その時は、こちらでもご紹介させていただきたいです。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/18

ムーミン谷の彗星


ムーミンが3D映画化するそうですね。

予告を見たら、
なんだか、あったかそうな質感のムーミンたちでした。
スニフの色と、
スナフキンがちょっとイメージ違う気がするけれど、
手作り感漂っているので、
とっても楽しみです。

でも、乱視気味なので、
3Dはちょっと苦手なのですが……

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/17

Q.O.Lとカレンダーボーイ


やっぱり、小路さんって好きだなぁ。

昨日と今日で、
小路幸也『Q.O.L.』『カレンダーボーイ』を読みました。

この人の本は、
どこか郷愁を感じます。

恩田陸さんも、《ノスタルジアの魔術師》と言われていて、
私って、そういう類のものが好きなんだなぁと、
あらためて気づきました。

恩田さんの作品も、
そろそろ読むものがなくなってきて、
どうしようかなぁと思っていたので、
小路さんの作品に出会って、
嬉しいです。

いつかどこかで感じたような想い。
その世界がとっても好きです。

恩田さんの場合は、
作品によってはホラーっぽい要素もあるので、
常にジ〜ンと来るというわけではないのですが、
小路さんの場合は、
これまで読んだ物はほぼジ〜ンと来ています。

世代的にも近いからなのでしょうね。
自分たちの子供の頃のいろんな匂いが、
あちこちから感じられて、
それが大人になった今にも繋がってきている感覚。
ただ単に、昔はよかったと言う美辞麗句じゃなくて、
今は勿論、
昔もきちんと生きてきたっていう生活感かな、
そういう感覚が伝わってきました。

好きな作家さんが増えていくのって、
楽しいですね。

それと、最近知ったのが、
読書メーターというサイトです。
夕べ、読んだ本のいくつかを登録するのに夢中になっていました。
マイ本棚に、いろいろと並べることで、
何を読んだのか分かるので、とっても嬉しいです。
(たまに読んだことを忘れることがあって……)

今日もお読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/15

中日春秋とナルト

今日の中日新聞の中日春秋(コラム)で、
心に響いてくる言葉に出会いました。

妙な言い方だが、岡田ジャパンは、期待されていないがゆえに期待できるのだ。

サッカーのワールドカップのことが書かれていたのですが、
私は、最後の言葉を目にしたとき、
なんだか、とてもよく分かったのです。

それと同時に、
『NARUTO』を思い出しちゃいました。

落ちこぼれで、里の爪弾き者というナルトが、
少年ジャンプの王道を行く努力と根性で、
いつしか、多くの人の信を得ていく。

勿論、その潜在能力と心に宿る精神に気づいていて、
ちゃんと認めてくれていた人も僅かにいたのだけど、
初めの頃は、
期待なんてされていなかったもんなぁ。

それが、
どんどんと変わっていくことが、
上の言葉に繋がっていくんだよなと、
思っているのです。

そんなにめちゃくちゃ好きってわけじゃない『NARUTO』ですが、
(カカシ先生は大好き)
「絶対あきらめない」という心意気は、
弱くなってしまった時の気持ちを、
奮い立たせる大好きな言葉です。

それに、
某サイトでジャンプ登場人物占いをやったら、
私は、うずまきナルトだったんだよなぁ……

期待されることも素敵なことだけど、
期待されなくても、
自分だけは絶対諦めないという想いを持っていれば、
いつかは《なにか》に、なれるんだろうな。
そう信じています。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/14

ライアー

今月初めに、癒しの音楽を探していて注文中と、
このブログに書いていたのですが、
先日、そのCDが手元にやってきました。

音楽の好みって、
人それぞれだから、
面白いですよね。
誰かが良いって言っても、
他の人には、それほどでもなかったり。
音を楽しむのだから、
好みも色々あって当然なんですね。

ヒーリングミュージックも、
本当にたくさんの種類があって、
何がいいのか迷ってしまいます。

ネットで気になるものを試聴してみて、
あれこれ感じてみます。

でも、なんだか自分にはピンと来なくて、
音楽とは関係のないサイトを見ていて、
気になる楽器を見かけました。

ライアーという竪琴です。
シュタイナー教育に関心のある方や、
木村弓さんを通して、
すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
私は、まったく知りませんでした。

いろんな不思議な音色を出すことの出来る電子楽器は、
素晴らしい発明です。
だけど、
人の手が紡ぎ出す楽器の生音がとってもあったかいことに、
いろいろと聴いていくうちに気づきました。

エンジェルが持っているような形状のライアーのCDが欲しくなって、
三野友子さんが演奏されているCDを注文しました。

想像していたとおりの、
あたたかい安らぎが漂っている音楽でした。

演奏者の三野さんも、
とても素敵な方で、
いつか、その演奏を直接耳にしたいなと、
思いました。
(エンジェルに頼んでみようっと)

心を豊かにする良質の音楽は、
私にとってなくてはならない大切な肥料です。

今日もまた、お読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/13

シャーマンの環


風は強いですが、
気持ちのいい青空です。

空は清々しい青色なのに、
すこし気分がすっきりとしない状態でした。

誰にでもある気持ちの浮き沈み。

なんとか、
ずぶずぶ〜っと沈み込む前に対処したほうがいいなぁと思い、
自転車に乗りながら、
感情の手放しワークを行ってみました。

自分が本当は何を感じているのかって、
意外と、分かっていなかったりします。

そのため、
あれこれワークしながら、
自分の感情を見つめてみました。

どうやら、
その感情を持ってはいけないんだと、
いつの間にか思いこんでいて、
感情を押し込めてしまっていたことも、
一つの原因なのだと思いました。

それで、
手放しを行いました。

これをやっている最中、
ずっと一人で声に出しながら自転車に乗っていたので、
側を通る人はきっと変に思ったかも……
ラッキーなことに、
人の少ない川沿いの遊歩道なので、
すれ違う人はほとんどいませんでした!

で、
手放せたかっていうと、
まだ今一つって感じでした。

そのまま、
何となくすっきりしない気持ちで図書館に行って、
ウロウロと本を眺めていたら、
パッと目に飛び込んできた本がありました。
ナンシー・ウッド『シャーマンの環』です。

それを借りてきて、
音読をしてみました。
なぜか、言葉に出すことが必要な気がしたのです。

いくつかの聖なる知識を声に出していくと、
ぐっと空気が変わって、
自分の中の手放しワークの仕上げが出来たようでした。

やっぱり、口から出るものは呪詛ではなくて、
愛に基づいたものが、
心を豊かにあたたかくさせるのだなと、
実感しました。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/12

ロング・ドッグ・バイ


昨日は、猫本だったので、
今日は、犬本のお話を。

霞流一『ロング・ドッグ・バイ』です。
何気なしに目に付いたので、
手に取ってみたら可愛らしい表紙でした。
なので、読んでみることに。

犬と一緒に暮らしているので、
犬物は、
やっぱり気になります。

子供を持つと、
子供が出てくるドラマなどは、
泣けて泣けて仕方がないという方がいらっしゃいますが、
それと同じで、
犬飼いだと、
犬が出てくるドラマなどは、
やっぱり泣けてきます。

とはいっても、
このお話は、
そういう泣けるものではありません。
犬たちが大活躍をするお話です。

ある事件の依頼をご近所の犬から受けた、
探偵(?)犬アローが、
ご近所のたくさんの犬たちの協力の下に、
事件解決をするお話。
それぞれ得意技を駆使するG8と呼ばれる8匹の犬たちも、
大活躍。
カンフーならぬワンフーの達人の、
チャウチャウ犬のシンチーと言うネーミングも面白かったな。

捜査に行くのに、
繋がれている犬はどうするのだろうと思っていたら、
ちゃんと、
錠前外し(ではないのですが)の犬もいました。
お見事。

そして、
「DOGの反対はGOD」だとか、

「何か疑問にぶつかったら、俺たちと過ごした日々を思い出せ。それで充分なはず。自分でヒントをみつけられるさ。お前は、もう、お前なんだから」


「他の誰でもない。みんな一匹ずつ違う。それでいいんだってお互いに思えるから、俺もみんなも自分らしくできるんだ」

などと、
いろいろと考えさせてくれる言葉もありました。
霞さんは、
かなりの犬好きなんだろうなぁ。

ワクワクして、
面白い小説って、
やっぱり楽しいです。
でもって、
犬が大活躍するお話は、もっと好きです。

愉しい本でした。

今日もまたお読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/11

マタタビ潔子の猫魂

本当に、今の図書館って、
いろんな物を取り扱っていますね。
雑誌の種類も豊富で、
日がな一日過ごせそうです。

以前、ちらっと見かけた『ダ・ヴィンチ』2月号。
表紙には、『聖☆おにいさん』や恩田陸さんの名前。
とっても気になって、読みたかったのだけど、
その後なかなかお目に掛からなくて、
先日、やっと読むことが出来ました。
そこで宣伝されていたのが、
タイトルの本、朱野帰子『マタタビ潔子の猫魂』でした。

表紙絵を東村アキコさんが担当されていて、
(彼女の『海月姫』も気になっているのだけど、
まだ未読です)
なんだか面白そうな予感がして、読んでみました。

これは、
『夏目友人帳』のニャンコ先生を一瞬思い浮かべましたが、
ベクトルは違うかな。

聖武天皇の時代から続く憑き物筋の猫魂の出てくるお話。

憑き物筋とか、猫又とか出てくると、
もう、私の大好きな部類なので、
楽しく読みました。

猫好きの人にもきっと、楽しいんじゃないかな。

次のシリーズとか出るといいのになぁ。

妖怪小説のおどろおどろしさはなくて、
むしろ、
マンガっぽいなぁという愉しさでした。
言い方が悪いのですが、
いわゆるお決まりの決着をつける勧善懲悪の、
安心感と爽快感かな?
作中でも出てくるけれど、
ヒーロー物の展開に近いかな。

ただ、この本の場合は、
ダークヒーロー(ヒロイン)なのですが。

また面白い本に出会いました。
楽しいのは大好きです。

今日もまたお読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/10

木からの贈り物


なんとか枯らさないで育ってきているハートが実る木です。
ここここにもちょっと書いてます)
適当に剪定したので(←性格が出ます)
ちょっと形がおかしいのはご愛敬です。

それを見ながら、
植物の生き方って、人生と似ているんだなぁと思いました。

お水が、
人間の場合だと食べ物になるのではないかな。

そして、
虫たちが受粉を手伝ってくれることは、
人が生きていく上で、
誰かに助けてもらっていることと同じなんだろうなぁ。

野生と人の手が入る植物とでは、
若干の違いがありますが、
適当な肥料だって必要ですね。

人の場合、
その肥料に当たるのが、
精神活動とか思考・感情じゃないのかな〜。

芸術を鑑賞することや、
音楽を聴くこと、
本を読むこと、
素敵な人たちとの交流、
動物たちとのふれあい。

心を豊かにすることが、
人にとっての肥料なんだなと、
精一杯生きてくれている木を見ながら、
考えていました。

身近な動物を見ながら、
色々と学んでいますが、
ただそこに存在している植物からも、
いろんな学びがもらえるんですね。

でも、
とりあえず、
今のところ枯れないでいてくれるので、
そのことに感謝!
もうじき付くはずのハートの実を、
楽しみにしています。

今日もまたお読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/08

そこへ届くのは僕たちの声

小路幸也さんって、お気に入りの作家さんになりそうです。

先日読んだ、『東京バンドワゴン』シリーズが、
とっても素敵だったので、
他の作品も読んでみようと思い借りてきたのが、
『そこへ届くのは僕たちの声』です。

ここのところ、気づいたら、
特殊な能力(超能力)を持っている登場人物が出てくる小説を、
何冊か続けて読んでいました。

この本も、
特殊な能力者が出てくるお話です。

少女時代、『七瀬ふたたび』などを読んで、
超能力者に対して憧れと、
能力者狩りなどが行われる怖れと哀しさなどを感じていました。

どうしても、少数となるものに対しては、
悲哀のこもったイメージが、
小説の題材になっていくのでしょうね。

とはいっても、
この本は、
そんな悲哀漂うお話ではありませんでした。

むしろ、あったかいなぁという感じでした。
希望を感じる読了感は、とっても素敵でした。
また他の作品を読んでみたいです。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/07

2年

先日、どこかで見かけた片付けのポイントの中で、
「2年着ない服は、リサイクルやオークションに出す」と、
書かれてありました。

たしかに、一理あるよなぁと思いました。

ただ、その時に思ったのは、
「2年前に『着られない』けれど、
 いつかは着られるかもと取っておいた服は、
 2年経っても『着られない』ので、
 さようならしましょう……」
という、情けないこと。

おかしいなぁと思うのです。

自分の中のイメージでは、
そろそろ、スリムとまではいかなくても、
もうちょっと体重が落ちている予定なのですが、
なぜか、
現状維持?
むしろ微増?
という、嬉しくない結果に。

いつかは着られるかもと、
こっそり取っておいた洋服も、
もう絶対に無理だろうと、
冷静に判断できるようになります。
自分の見通しの大甘さに、
笑えてきま〜す。

一年だと、
まだ次の年への希望がいくらかありますが、
二年も経つと、
きっと、ある種の諦めがつくのでしょうね〜。

スピリチュアルの世界でいうところの、
《手放す》ということでしょう。
(ちょっと違いますが……)

まぁ、
いつまで経っても、着られそうにない洋服を、
未練たらしく大事に保管するよりも、
いっそのこと、
すぱっと、処分した方が、
スペースも解放されていいのでしょう。
と、納得させてみたり……

新聞広告に載っていた、
CREAの「今やらないと一生デブ!?最強お腹やせバイブル」に、
かなり興味津々な私です。

今日もまたお読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて!

2010/05/06

えがお

ベランダから外を見たら、
自転車に乗っている男性が二人。

ブラジルの若者だったのですが、
とにかくとっても楽しそうに語っている男性と、
それを笑顔で聞いている男性が通り過ぎていきました。

外国語なので、
何の会話で盛り上がっているのか分かりませんでしたが、
とっても愉快な会話なんだろうなと、想像しました。

聞いている人の笑顔が、
とても素敵で、
何気なく見かけたこちらまで、
ハッピーになるようなものでした。

笑顔って、
作り笑いでも、
口角を上げただけでも、
身体は笑っていると認識し、
活性化されるらしいのですが、
やっぱり、
心からの笑顔のほうが、
もっとパワフルなものですよね。

赤ちゃんの笑顔を見ると、
こちらまで、
ふわ〜っとあたたかい気持ちになるように、
誰かの笑顔って、
それだけで、
空間の波動を上げていくものなんだなぁと、
あらためて、
理解した気がしています。

地上にも一杯、天使たちが降りてきて、
いろいろと素敵な贈り物をしてくれていますが、
私が見かけた若者も、もしかしたら、
ハッピーを振りまく天使だったのかもしれませんね。

キラキラとした幸せの波動を振りまけるような、
そんな人になりたいなと、願っています。

今日もまたお読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/05

ルーンの子供たち 冬の剣

先日読んだシリーズの前作となる、
『ルーンの子供たち 冬の剣』全三巻を読みました。
百科事典のような厚みのある本なので、
読み応えあります。

やっぱり、順番通りに読んだ方がよかった気がします。

どういう作品なのか、
続き物なのか分からないまま、
第二部となる『ルーンの子供たち DEMONIC』が、
たまたま図書館に揃っていたため、
そちらを先に読みました。

どちらから読んでも、
全然構わないのですが、
読んでいる途中で、「ニヤリ」としたいなぁと思ったら、
順番通りのほうが、おいしい感じです。

それにしても、
面白かったです。

最初のほうは、読むのに何となく時間が掛かる感じでしたが、
だんだんと、引き込まれていき、
登場人物たちが生き生きとした映像になって頭の中を駆け巡る頃には、
しっかり続きが気になり、一気に読み進めることになりました。

ファンタジーは大好きなので、
読了後も、しばらくはその世界の中に半身を置いてきた感じです。

でもって、
かなり単純で影響されやすい性格なので、
〈剣〉を学んだ方がいいのではないかと、
真剣に考えたり……

やはり、修行の場は、草原だよなぁ。

出来たら、高い壁からもひょいっと飛び降りられる身の軽さも身につけて、
などと、妄想も増していきます。

剣だったら、天使だとミカエルに師事をした方がいいのでしょうか。
なんかいいなぁ。
智慧と勇気の剣。
人を傷つけるための剣ではなくて、
人生の活路を見いだすための剣なら、いいかな〜。

素敵な本に出会って、
一人いろいろと盛り上がれるのは、
楽しいことです。

今日もまた、お読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

2010/05/04

天空の難破船

今日は、いきなり夏になっちゃいましたね。
まだ、暖房器具が出ているのですが、
もう扇風機を出さなくちゃいけないくらいの熱さでした。

そんな中、
朝早くから張り切って、
自転車を飛ばしながら映画を見に行ってきました。

毎年恒例の名探偵コナンです。

怪盗キッドが出てくると、
やっぱり面白いです。
新一(コナン)くんと怪盗キッドは、
「好敵手」という言葉がぴったりなのかな。
前作が割とハラハラした展開だったので、
今回は楽しく見られたなぁという感じでした。

途中、子供たちが笑っている声も聞こえて、
そういう愉しそうな笑い声が聞ける映画って、
どんな種類の映画であっても、いいよなぁと、
思ったりもしました。

個人的には、
新一ママが好きなので、
次回作あたりにでも出てくると嬉しいなぁ。
勿論、キッドは大好きなので、
まめに登場してくれると、
とっても嬉しすぎるかも。

それにしても、
のんびりとした休日を過ごすことが出来て、
ありがたいです。

今日もまたお読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいのLOVEを込めて

2010/05/01

変更のお知らせ

今月の「天使の瞑想会」の日程を変更しました。

5月22日(土)13:30〜15:30です。
4名様募集中です。

なんとな〜く、
天使に興味のある方でも、
瞑想に馴染みのない方でも、
気軽に参加できるような空間ですので、
気になるなぁと思われた場合は、
お問い合わせください。

詳細は、こちらの頁をご参照ください。

天使のLOVEがたくさん届きますように!

音楽さがし中

セッションルームで流す音楽を、
いろいろと探している最中です。

もともと、
音楽は大好きでした。
わか~い頃は、ヘヴィメタル好きでしたが、
最近は、嗜好が変わってきました。
それでも、昨日あたり、
急にAC/DCを聴きたくなったので、
それなりに熱いロック魂は健在な事を再発見しますが。

ヒーリングセッションや、
瞑想会の際に、
無音でも構わないのですが、
やっぱり、
何か音楽があるほうが、
私は楽しいので、
なにか流れています。

あれこれ試しているのですが、
なにか今ひとつピンと来ないなぁと思いながら、
ネットをウロウロしていたら、
何回かあるサイトに繋がっていきます。

もしかしたら、これなのかな~?と、
そのサイトで、CDを注文しました。
連休になっちゃうので、
手元に来るのは、連休明けかもしれませんが、
とっても楽しみです。

楽しいなぁという気持ちを持って何かに向き合う時って、
自分自身の波動も上がっていくから、
本来の力以上のものが出せそうな気になります。
きっと、そういう時って、
自然に心が開いていくから、
光の存在からのサポートも受け取りやすいんでしょうね。

ほんとに、
簡単なことで、誰でも、
そういう特別なサポートを受け取れるんですね。

嬉しいギフトです。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

たくさんのLOVEを込めて

追記:
ブログをアップして確認をしていて、
ふと、右隣(5月5日までのメッセージ)を見たら、
20,000件突破していました!
すごいですね。
たくさんの人の愛と思いやりに感動。